fxで口座を開設するまで

Posted by admin

fxトレードをはじめるためには最初に口座を開設しなければなりません。
口座開設にあたっては業者を選定することが必要になりますが、初心者が業者を選定して口座を開設するまでに注意すべき点について、いくつか紹介してみます。
まず、初心者の場合は最初から大きな金額の取引きは難しいでしょうから、取引き最低額の低い業者を選ぶようにしましょう。
fxでは業者によって最低取引単位というものが決められています。
一般的な業者では1000通貨単位や1万通貨単位というところが多いのですが、中には100通貨単位から取引可能な業者もあります。
たとえば1ドル=100円のときに最低単位が1万だと100万円の資金が必要になりますが、100単位ならば1万円から取引きができることになります。
初心者が安心して取引を始めるならば、こういった少額取引可能な業者を選ぶほうが良いでしょう。
fxでは扱っている通貨が業者によって異なるので、この点も注意が必要になります。
円ドルや円ユーロなどのメジャーな通貨ペアならどこでも扱っていますが、マイナーな通貨ペアだと業者によっては扱っていないことがあります。
初心者のうちはあまりマイナーな通貨ペアな通貨ペアに手を出すことはないとおもいますが、将来的にマイナーな通貨ペアを取引きするときには別の業者を利用するしかないということも起こり得ます。
口座開設にあたっては手数料もチェックしましょう。
ここで重要なのは、単に取引手数料だけを比較するのではなく、取引手数料とスプレッドの合計を比較するということです。
現在、多くの業者では取引手数料を無料に設定しています。
しかし、これでは業者は利益を出すことができませんから、スプレッドを設定してそこから利益を出しています。
スプレッドは売値と買値の差額で、この幅が大きいほど支払う金額が多くなります。
スプレッドは取引き一回ごとにかかって来るので、取引回数が多い人ほど注意が必要です。